naitya2000


2016年6月16日木曜日

イギリス鉄道乗りつぶし旅行記5「ロンドンからBritish Airways成田・羽田経由で福岡へ」

こんにちはnaitya2000です。今日は旅行記の最終回を書きたいと思います。

今朝は朝6時過ぎに起きました。身支度して、ミルクティを飲みながら、書きためていた旅行記を書きます。





7時30分に、ホテル地階レストランで朝食をとります。内容は初日と全く同じです。やはりパンとクロワッサンが、日本より美味しいです。



朝食後、昨日までの旅行記を書き上げ、9時過ぎにホテルをチェックアウトしました。その時、フロントの男性に11時まで荷物を預けて貰うよう頼んだところ、快く引き受けてくれました。チップを渡そうとしたら、いらないとの事。ホテルはボロかったですが、レストランやフロントの対応は良かったです。







身軽な状態で、ホテルから歩いてケンジントン庭園を散策します。ロンドンのど真ん中なのに、緑が多く、非常に綺麗です。ケンジントン宮殿では、久しぶりに阪急交通社の日本人観光客に会い、久々に日本語で雑談しました。








ケンジントン宮殿からAlbert memorialと歩き、ハイドパークに入ります。途中、馬とすれ違う点はイギリスらしいです。

















その後ダイアナ妃記念噴水を見学した後、ホテルへと戻りました。なお途中、公園内のトイレを利用しましたが、有料(20ペンス・35円)でした。




11時頃、ホテルで荷物を受けとり、これからヒースロー空港へと向かいます。paddington駅から、地下鉄district lineでearls courtまで移動します。





earls courtから、Piccadilly lineのヒースロー空港第5ターミナル行に乗り換えます。結局、約1時間程かかって、12時20分頃ヒースロー空港第5ターミナルに到着しました。







今日は日曜日の為、割安なオフピーク扱いとなります。地下鉄オイスターカード使用で、paddingtonからヒースロー空港第5ターミナルまで3.1ポンド(528円)で移動出来ました。ヒースローエクスプレスだと約20分でヒースロー空港まで着きますが、通常価格2等・片道27ポンド(4600円)もします。




12時30分から搭乗手続き開始となり、自動チェックイン機で搭乗手続きを行います。日本語も選択出来ますが、途中から完全に英語となるので、少し難儀しました(^^;。この段階では、搭乗券は出ないみたいです。



有人の手荷物預かりの段階で搭乗券発行となり、窓側席を希望したら、すんなり窓側席が取れました。




出国時は手続きは無く、安全検査は結構厳しかったものの、無事通過しました。搭乗開始まで時間があるので、空港内レストランで昼食をとります。




今回はfish&chipsとLondon pride(黒ビール)にしました。先にビールが来て、チビチビ飲みます。メインのfish&chipsは、しばらくしてから来ました。




メインディッシュのfish&chipsは、まさにポテトもドカ盛り状態です。fishも揚げたてで、イギリス最後の食事を飾るには美味しく、満足した食事でした。ただし、勘定まで時間がかかり、16ポンド(2716円)+チップ2ポンド弱(約340円)の小銭全部を払って店をでました。利用する時は、時間に余裕がある時の方が良さそうです。




15時30分発東京・成田行BA5便は、C54ゲート出発でした。行き同様列車で移動します。最後にゲート前の売店で、最後のお土産を買います。



※A380が駐機していました。

搭乗前に先程ケンジントン宮殿前で雑談した阪急交通社の観光客にバッタリ会い、少し雑談しました。搭乗開始の案内があったので、さっそく搭乗します。





機体は、行き同様ボーイング777-200で、座席はエコノミークラス29番H席窓側です。いわゆる3+3+3のシート配列ですが、幸い隣席が空席でゆったり出来ます。ロンドンから成田まで、所要時間約11時間です。



離陸後、しばらくしてドリンクサービスがありました。帰りはタイガービールを選び、飲みます。イギリスの航空会社なのに、なぜかシンガポールとオランダのビールしか置いていないのが不思議です(^^;。






ドリンクサービスが終わって間を空けず、1回目の機内食サービスがありました。帰りはチキンを選んだら、ご飯・照り焼きチキン・サラダ・パン・チョコレートムースでした。



照り焼きチキンの味は濃いめですが、思ったよりまともでした。ただしチョコレートムースが甘過ぎだったりします(^^;。なお行き同様、機内食の量は少なめで、先程昼食を食べて良かったと実感しました。。




食後モニターで位置を確認すると、ちょうどスウェーデン上空です。ヨーロッパから日本への直行便は、北欧からロシア・シベリア経由です。なお前席である日本人団体客が、食事中も一言も声をかけずにリクライニングを全開で倒してきました。しばらく我慢してましたが、やむを得ず注意しました。





しばらく音楽を聞きながら時間を潰しますが、いつの間にか寝てしまいました…。目が覚めた時は、ちょうどシベリア上空でした。途中、アイスバーのサービスがありました。





個人的には、フェリーの12時間は爆睡でき・楽しく・快適に時間を過ごせますが、飛行機の12時間は眠りも浅く・暇をもて余します。窓からは、雪を被ったシベリアの山々が見えます。帰りは、スターウォーズの映画を丸々1本見ました。恥ずかしい話、久々に映画を見たような気がします。







長い長いシベリアを抜け、日本海に入ります。成田空港到着まで1時間半切った頃、2回目の機内食がありました。私はEnglish breakfastを選びます。今回旅行最後のEnglish breakfastは、非常に美味しかったです(^^)。



飛行機は、佐渡島の横を通り、新潟から日本列島に入ります。結局、東京成田空港には、定刻より5分早く11時に到着しました。


※佐渡島

※新潟上空




入国審査・荷物受け取り・税関と無事通過します。これから、羽田空港経由で福岡へと戻ります。



羽田空港行リムジンバスは3000円もするので、12時6分発京成・京浜急行鉄道の羽田アクセス特急に乗りました。車両は、京浜急行600系、いわゆる通勤車両です。鉄道だとニモカが利用でき、運賃1800円で済みます。車内は、スーツケースを持った旅行客で満席です。




列車は北総線を爆走し、京成線・都営地下鉄浅草線・京浜急行線と走ります。鉄道会社は複数またがりますが、乗り換えなしなので楽チンです。結局、羽田空港には、13時37分に到着しました。






帰りもJALを利用するので、第1ターミナルへと移動し、搭乗手続きを行います。帰りは、羽田15時20分発JAL323便福岡行です。再び手荷物を預け、窓側席を確保します。帰りも、ツアーの航空券ですが、マイレージは付くようです。



なおロンドン~東京間のブリティッシュエアウェイの分は、同じワンワールドですが、後からネットでマイレージ登録する必要があるようです。

搭乗手続き後、空港内和食レストラン「京ぜん」でヒレカツ定食竹1850円を昼食として食べました。久しぶりの「まともな」和食に感謝しつつ、美味しく食べます。



ヒレカツは揚げたてで、刺身・茶碗蒸しも美味しかったです。なお成田空港より、羽田空港の方がレストランが充実してるような気がします。




昼食後、安全検査を通過し、10番搭乗口前で待ちます。ちょうどマッサージ機10分200円があったので、旅の疲れと凝りを癒しました。








15時過ぎから搭乗開始となり、さっそく乗り込みます。座席は45番Aと、後方窓側席です。着席後、離陸までウトウト寝てしまいました。






離陸してから暫くは、厚い雲と青空が広がっていましたが、岡山あたりから海や地形が見渡せる絶景状態でした。途中、ドリンクサービスがあり、スカイタイム(キーウィのジュース)を選んで飲みます。













シートベルト着用サイン後、北九州から福岡の離島を眺めつつ、混雑のため旋回後、福岡空港へ17時10分頃着陸しました。




※志賀島・海ノ中道


 ※能古島・福岡






福岡空港到着後、すぐに17時30分発久留米行高速バスに乗り込みます。車内は平日のせいか、ほぼ満席でした。





発車後、福岡都市高速に乗るまで渋滞に捕まりましたが、福岡都市高速~九州自動車道は快調に走ります。結局、西鉄久留米に17時30分頃到着。今回のイギリス旅行が終わりました。








これで今回の旅行記は終わりです。今後も、またイギリスへ行けるよう、日頃の仕事を頑張りたいと思います。以上、naitya2000でした。

4 件のコメント:

  1. 初めまして。

    いつも興味深く拝見させていただいています。

    個人旅行はフィンランドしか経験がないのですが、イギリスもいいですね。

    海外はツアーで行くことが多いのですが、常に団体行動なので、ちょっと気疲れしてしまいます。

    個人旅行は勇気がいりますが・・・そういった際に、こういったホームページはとてもありがたい存在ですね。

    お仕事も忙しいでしょうが、ぜひとも更新を継続してください。

    また楽しみにしています。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。実は、次回はフィンランドを考えています。私の場合、個人旅行が好きですが、ツアーも国によっては活用したいと思ってたりします。なおイギリスは、個人旅行でもツアーでもおススメです。

    返信削除
  3. フィンランド良いですね。私もまた行きたいです。
    私のホームページ内ブログにも旅行記を載せています。
    暇があれば訪問してください。

    http://www.uranai-sanmei.com/旅と占いのブログnew/

    占いホームページなのですが、ドン引きしないでください。
    他のページは無視して結構です。(笑)

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございますm(__)m。さっそく、参照してみます(^^)。

      削除