naitya2000


2018年8月17日金曜日

真夏の台湾鉄道旅行3「高雄ライトレール 台鉄 高雄~台北(西部幹線・海線経由)筥光号、台北にて台湾の友人とB級グルメ堪能」

こんにちはnaitya2000です。今日は台湾鉄道旅行記の第3回目を書きたいと思います。

昨夜はぐっすり眠ったせいか、今朝は朝6時に起きました。身支度して、地下1階にあるレストランで朝食をとります。レストランはバイキング式で、豆乳と魯肉飯が特に美味しかったです(^^)。






朝食後、自室でたまっている旅行記を書いて過ごします。結局ホテルを朝9時10分過ぎにチェックアウトしました。このホテルは今回3回目の宿泊でしたが、安定したサービスで非常に良かったです。また利用したいです。



ホテルから、約5分程歩いて市議会駅から西子湾までMRTに乗ります。運賃は、ICカード利用で17台湾ドル(約64円)です。これから、最近開通したばかりの高雄ライトレールに乗ります。





終点西子湾に到着後、
旧打狗駅故事館(鉄道博物館)横の隣接している高雄ライトレールの哈瑪星駅から乗車します。





列車は、15分おきの運行のようです。乗車後、車内のICカードリーダーにタッチします。運賃は、ICカード利用で、10台湾ドル(37.5円)です。なお悠遊カードも使用可能です。







発車後、列車は港沿いを走り、観光地化された倉庫街を走ります。次回は、高雄を地下鉄とライトレールを使って、ゆっくり観光したいです。その後、停泊している貨物船・巡視船が車窓から見えます





乗車中、不正乗車防止の為でしょうか?職員による車内改札がありました。結局、目的地の地下鉄乗り換え駅には、約20分程で到着しました。









ライトレール
前鎮之星駅で下車後、横断歩道を渡ってすぐにある凱旋駅から、MRTに乗り換えます。これから高雄駅まで移動します。運賃は、22台湾ドル(約83円)でした。これから高雄から台北へ、台鉄で向かいます。実は、乗るべき列車に間に合うかハラハラしましたが、若干余裕を持って目的地の高雄駅に到着しました。




高雄駅到着後、駅売店で昼食の弁当を買います。その後セブンイレブンで茶葉蚕10台湾ドル(37.5円)を買ってから、改札を通ります。




高雄から、10時43分発花蓮行筥光号に乗りました。これから高雄~台北まで乗車します。運賃は、650台湾ドル(約2440円)でした。








列車は、電気機関車+客車の長大編成です。車内は、昔のJRグリーン車並のフットレスト付リクライニングシートです。個人的には、自彊号のシートよりは、ゆったりしていると思います





発車後列車は、高雄郊外を軽快に走ります。しばらく車窓を時々眺めながら、旅行記を書いて過ごします。途中、岡山駅停車中に自彊号に抜かれ、台南で多くの乗降客がありました





台南発車後、12時前に先程買った弁当で早めの昼食をとります。今回は、若干高めの駅弁100台湾ドル(375円)にしました。温かい味付きご飯に、青菜・煮卵・大きな骨付き豚肉が載っています。味的には、昨日の池上弁当より数段上で美味しかったです(^^)。





昼食後、車窓を眺めているうちに、いつの間にかウトウト寝てしまいました(^_^;)。目が覚めた後、車掌による車内改札、掃除のおばあちゃんによるゴミ回収がありました。速度アプリで計測すると、時速100キロ位で走っています。









彰化には、定刻13時40分に発車しました。ここから台北方面には、海線と山線に分かれますが、列車は海線を最高時速100キロ位で走ります。適度な速度と、適度な停車駅間隔で快適です。途中、大甲で多くの乗客が入れ替りました。








その後、心地よい揺れで、いつの間にか寝てしまい、目が覚めた時には、海線と山線合流後の新竹でした。新竹を15時32分に発車後、車内は停車ごとに乗客が増え、立客が出る程になりました。




車内を見渡すと、日本の新幹線や特急列車のように、昼から車内でビールを飲んでる人は見当たりません。国民性の違いかもしれません。




中壢から大量の乗客が乗り込み、車内通路も立ち客でいっぱいになりました。既に日本の新幹線帰省ラッシュ状態です(^_^;)。結局、目的地の台北には、定刻より6分程遅れ、17時14分に到着しました。






台北駅到着後、MRT淡水信義線・新店松山線と乗り継ぎ、松江南京まで移動します。運賃は、16台湾ドル(60円)でした。




松江南京駅から約3分程歩いて、今晩宿泊するホテルであるグリーンワールド舞衣南京に到着しました。このホテルは、今回で2回目の宿泊です。予約はエクスペディアで予約支払済みで、1泊朝食付きで5725円でした。





2階、日本語が通じるフロントで、チェックインします。部屋は907号室で、シャワー・ウォシュレットトイレ付きのダブルルームです。




ホテルに荷物を置いた後、18時にフロントロビーでFacebook友達の馬さんと会いました。台湾では、1年半ぶりの再開です。

馬さんと再開後、タクシーで寧夏夜市近くまで移動し、太春小館言う店に入りました。





この店は、蒸し臭豆腐とホルモンの辛煮が有名との事。あと牛肉の空芯菜炒めや・キャベツと桜海老炒め・蛤の香草炒め?等を食べました。臭豆腐は、臭くて好き嫌いが分かれますが、この料理は、本当に美味しかったです(^^)。なおビールを呑みまくって1人700台湾ドル(2675円)は、安いと思います。







次に寧夏夜市を馬さんの案内のもと散策した後、古早味豆花でタロ芋と豆花のスイーツを食べました。豆花とタロ芋の甘さ、モチモチ感が最高です(^^)。





最後に臨洋港生猛海鮮と言う店で、手羽先・茄子とホルモン炒め・羊肉の空芯菜炒めを食べました。一緒に頼んだ台湾ビールクラシックにぴったりで、美味しかったです(^^)。なおビールを飲んでも、一人300台湾ドル(1125円)でした。まさに台湾版千ベロの世界です(^^)。










非常に満腹かつ満足な状態で、タクシーでホテルまで戻り、馬さんと別れました。馬さん本当にありがとうございましたm(__)m。ホテルに戻った後、シャワーを浴びてすぐ、23時頃眠りにつきました。


次回が、今回の旅行記の最終回になります。以上、naitya2000でした。