naitya2000


2016年10月3日月曜日

日本最長路線バス・八木新宮特急バス乗車の旅1「まずは名門大洋フェリー」

こんにちはnaitya2000です。今日から4回に分けて日本最長路線バス・新宮特急バス乗車の旅を書きたいと思います。今日は、第1回目です。

午前中で仕事を終わらせ、金曜日の午後からプチ旅行?に出かけました。まずは、西鉄久留米から12時21分発福岡行特急に乗り込みます。車両は、今や貴重になりつつある8000形水都・6両編成でした。













実は特急は混んでいるので、敬遠しがちだったりします。車内は転換クロスシートで、幸い窓側に座る事が出来ました。スマホの速度アプリを使うと、最高時速106キロ出てます。途中、踏切点検のアクシデントがあり、徐行運転した為、終点福岡には定刻より 5分程遅れ、12時55分頃到着しました。





西鉄福岡到着後、同じ駅ビル3階の天神高速バスターミナルに移動し、13時15分発小倉行高速バス・なかたに号に乗り換えました。車内は10人弱で、ガラガラです。座席には、スマホ充電用コンセントが付いているので、非常に助かります。







出発後、すぐ天神中心部の為、渋滞に捕まりました。天神中心部の渋滞を抜けてからは、秋晴れのもと順調に走ります。福岡都市高速から福岡IC経由で九州自動車道を走ります。途中、若宮ICで下車客がいました。結局、14時50分頃、小倉駅1つ前の平和通りで降りました。














※小倉競馬場



小倉駅まで、散歩がてら商店街を歩きます。私自身、リゾート地等より、庶民的な街並みが好きだったりします。小倉駅北口から、名門大洋フェリーの無料送迎バスに乗り換えました。









バスは、定刻15時40分より約10分早く出発しました。どうやら今日は、送迎バスが2台出るようです。車内は、団体客も一緒に乗っているせいか満席です。バスは、途中、渋滞に捕まったものの、門司駅を経由せず直接フェリーターミナルへ向かいます。結局、16時10分頃新門司港フェリーターミナルに到着しました。









フェリーターミナル到着後、今回乗船するフェリーきょうと2を撮影します。なお今回は、事前にネットで乗船券を購入済の為、乗船手続きは不要です。







2階乗船口から、パソコンから印刷した予約確認書を見せて乗船しました。新門司から大阪南港まで、ツーリスト(2等寝台)利用で、4940円(1便ネット割引)です。大阪南港行は1日2便運航しており、1便をネット予約すると安く乗船出来ます。






船内は、金曜日とは言うものの、既に大にぎわいです。まずは今回利用する船室H06のベッド19に荷物を置きます。ベッドは、梯子が無いカプセルホテルタイプのベッドです。






落ち着いた後、まずは展望浴場で入浴しました。浴室内は芋洗い状態で、大混雑です。なお脱衣室のロッカーは、無料鍵付きなので非常に助かります。



入浴後、外部デッキに出て、出港シーンを見届けます。そんな中、仕事の電話があり、出港シーンを見ながら対応します。後方には、阪九フェリーとオーシャン東九フェリーのびさんが見えます。また停泊・待機中の、名門大洋フェリー2便・フェリーおおさか2が見えました。
















※沖止めされているオーシャン東九フェリー・おーしゃんのーす

出港シーンを見届けた後、レストランにて夕食をとります。名門大洋フェリーのレストランは、バイキング式で、1人1550円です。






内容は、唐揚げ・揚げ餃子・春巻き・ポテトフライ等の揚げ物類、マグロ山かけ、酢鶏、鯵の南蛮漬け、サラダバー等種類多彩です。揚げ物類が多いのは、値段的に仕方がないと思います。




   ※第1ラウンド

生ビール500円の後、芋焼酎310円を購入して水割りで飲みます。レストラン内も賑わっており、楽しい夕食でした。




※第2ラウンド

夕食後、デザートとしてSeventeenアイスを食べます。最近、フェリーに乗ると定番だったりします。スマホのアプリ速度計を見ると、最高時速49キロ出ていました。








最後に展望ストリートにあるマッサージ機15分300円で慢性肩こりを癒します。ほろ酔い気分で、19時半頃船室に戻り、眠りにつきました。




22時半頃目が覚め、外部デッキに出て、タイミングよく来島海峡通過シーンを見届ける事が出来ました。見学客も結構多いです。非常に狭い真っ暗な海峡を、乗船している10000トンクラスのフェリーが通過します。来島海峡通過後、再び23時頃眠りにつきました。


  ※栗島海峡通過 照明がほとんど無く、真っ暗です。

続きは、また後日書きたいと思います。以上、naitya2000でした。




0 件のコメント:

コメントを投稿